【便秘】滞留便の排出方法を詳しく説明しています

グッドライク情報

★色々試したけどだめだった・でも大丈夫・

便秘でない方も覚えておきましょう・もっと楽になりますよ・

便秘には慢性便秘症と機能性便秘症があります

その多くは機能性便秘症です、直腸に下りた便が排出できないのです。

 ★機能性便秘症の解決法を説明します

☆排便の時に力を入れ過ぎると血管を縮め心臓病や脳卒中の要因になります

☆それでは実践してみましょう・便座に座った状態で説明します。

《両手の手の平を前に出しましょう、中指と薬指を使います》

  • 両手を後ろに廻し中指と薬指を背骨の上に当てましょう
  • 両指を背骨の一番下まで降ろしてください。
  • その箇所を尾骨と言います、尾骨の奥がポイントになります(便の滞留場所)
  • 尾骨の(真下・奥)に柔らかいくぼみがあります(この場所が肝心)
  • 両手の中指と薬指で上に押し上げるように力を込めて押します
  • 滞溜便が壊れてきますグイッグイッ押し続けて下さい
  • 最初は固いので力が要るかもしれませんイキんでみましょう
  • 繰り返せば柔らかくなった便が少しづつ下りてゆきます(排出できます)
  • 押し所とコツが解れば・この先ずっと楽になります・2~3度で慣れてきます
  • 極端な場合は肛門の両端を両指で挟むように押し出します
画像を参考にしましょう

最初は滞留便が固まっているかもしれません?何度かやれば柔らかくなります。

お腹に力を入れる時はおへその下12cmほどのくぼんだ所を両手指で強く押しながら力を入れます、心臓への負担を軽減できます(どうしても駄目な時は人差し指を入れて出すしか方法はありません)そうならないように食事とかにも配慮が必要です、強い繊維質の葉野菜とかも便が固くなります、又夏場に汗をかく環境の人は固くなります、水分補給を忘れずに。

回数ごとにコツも解り《楽になります》

☀もう大丈夫です・これでずっと安心・

スッキリ・・・