【歯周病の治し方と口臭予防】自分で治す方法

グッドライク情報

お医者さんは絶対に教えない

虫歯と歯周病は種類が違います、虫歯の症状は甘い物や冷たいものに刺激を感じて痛みを覚えます、進行していくと歯の根元やその周辺の歯茎などにうみがたまり口臭を放つようになったりもします。

歯周病の初期症状は歯茎が腫れたり出血したり、進行すると歯茎に膿がたまって腫れが大きくなります、細菌が繁殖すれば歯槽骨を溶かしていきます、歯周病は唾液によって感染する可能性もあります。

それでは簡単で効果のある・予防法を説明します・今では質の高い薬用歯みがき粉が多数販売されています、お値段にも大きな差異があります、決してお値段と効果は正比例しません、ご自分の症状に合った歯みがき粉の選択が必要です

歯周病を予防治療するには

  • 毛先の細い柔らかめの歯ブラシに歯磨き粉をつけて治療箇所の・歯と歯茎の間(歯周ポケット沁み込ませるのです
  • 健康な人の歯周ポケットは溝の深さは1~2mm程度ですが、歯周炎を起こすと3〜5mmほどに広くなっています。
  • 歯茎を引き締めたいときは歯ブラシに☆食塩を☆浸けて同じように歯周ポケットに付け加えます
  • 沁み込ませたなら20分程そのまま放置します、この間はテレビを見るなりで時間をつぶします・たったこれだけで効果がでます。
  • 20分ほど経過したならうがいをします、このときにお口の中に残った歯みがき粉の唾液などは飲みこまないように・丁寧にうがいをしましょう。

歯を磨くことと歯周ポケットに要素を沁み込ませることでは原理的に異なります

歯周ポケット(歯と歯茎の隙間)に要素が沁み込めば治療になります

✿これで歯周ポケットはギューと締まり、口臭を防止します。

症状に応じて・例えば症状が過度のときは4日に一度ほど・・改善すれば週に一度とか(曜日を決める)周期を決めてやるようにします。

★これなら値段の高い製品でも長く使用できるので決して高価にはなりません。

大切なことはお値段に惑わされず、ご自分の症状に合った歯磨き粉を選んで使用することです。個人的にお薦め歯磨きは(G・U・M PROCARE)です、これは同社製品のガム・メディカルペーストEXと遜色のない効果があるようです。

例えば症状が治まったとします・もう治ったからと止める人がいますが、症状が治まった時にやるのが予防です、症状が出てからやるのは治療です。

歯磨き粉は朝と夜は違ったものを使用しましょう(薬用とで3本)

歯ブラシも朝と夜用の二種類を使い分けます、磨ける箇所が違ってきます

交互に使用すれば消耗期間は変わりません。これで自分に合ったモノが見つけ易くなります。

もしも・この方法で症状に変化がない場合は、重い症状と判断できます、早めに歯医者さんの治療を受けるようにしましょう

使い古しの歯ブラシを新品同様に再生する方法

  • どんなにぐしゃぐしゃになった歯ブラシも、新品同様になります・やってみましょう。
  • 100均にも売っている、ダブルクリップを利用します、古い歯ブラシをクリップの中に差し込みます。
  • 鍋にお湯を沸騰させ弱火にし・その中にクリップに挟んだ歯ブラシを2~3分ほど浸けておきます。
  • 取り出して冷水に冷やします・先細になって・歯茎磨きには最適な歯ブラシが出来上がります。ぜひ実行してみましょう。

      

     GoodLikeな予防法です《軽・中症程度ならこれで治療できます》