【かゆみ・虫刺されは3分で治ります】自分できる最強治療法

グッドライク情報

★お医者さんは絶対に教えない

☆かゆい・かゆい困った困ったなんとかならないかな~お任せください、もう大丈夫です

最強の加熱殺菌法を説明します

かゆみは驚きの3分で解消します・やてみましょう・

★湿疹(皮膚炎)とは、皮膚が炎症を起こすことで生じるさまざまな変化のことです

初期症状は皮膚の一部にかゆみを伴った赤い小さなふくらみが生じます

虫刺されや慢性の湿疹とかで皮膚が赤くなり、炎症を起こし強いかゆみを感じたりもします

これが水膨れのようになって水疱ができたり、細菌性のモノは膿ウミを伴うこともあります

★症状では一過性の急性湿疹とかデリケート・エリアの多少難度な慢性湿疹も解決できます

虫刺されには種類があります・中には悪性の高い菌を持った虫もいます

この場合は、かゆみ治療の後にも、赤みが一定期間内に残ることもあります

★治療法は二つあります・一つは加熱処理殺菌です・もう一つは0度以下の冷却殺菌です

冷蔵庫の氷をラップに包んで患部に押し当てます、これは殺菌に時間がかかり効力も弱いです

画像をご覧ください

☀それでは最強の加熱処理殺菌法を説明します

軽い虫刺されのかゆみ程度なら1~3分で解消

注意事項はやけどです、70度以上の高温なら1秒でやけどをします

60℃以上では1分ほど継続するとやけどをすると言われています

♪ 一度やれば熱加減や要領も解ってきますよ

✿ 準備するものは、キッチン温度計(100均にあり)お箸・布切れ・ゴム手袋です。

  • お箸の先に布切れで3㎝ほどの《てるてる坊主》を作ります、タコ糸で縛ります。
  • 鍋にお湯(60度・前後位)を沸かし・この中に《てるてる坊主》つけます。
  • 熱が通ったなら、取り出してトップをラップで二重に包んで、患部に当てます。
  • この時はゴム手袋をはめてやります、患部に当てる温度は50度前後(ラップで包めば温度も少し下がります)
  • ダニに刺された小さな赤斑点のかゆみは『綿棒を熱湯』につけてラップで包み処置できます

トップを患部に軽く押し付けてみます、多少熱いくらいが効力はあります

これを当てます・熱い時は当てたり外したりを繰り返してみましょう。

50℃前後を2~3分強く押しつけると、かゆみ菌が暴れてかゆみを感じたりしますが

当てておくと徐々に菌が消滅し・かゆみが消えてゆくのが自覚できます。

かゆみ菌が強い場合は30分~ほど間を空けてもう一度やってみましょう

範囲が広い時は、おしぼり又はタオルをお湯(60度・前後位)につけて絞り

レジ袋の中に包んで患部に当てます、この時も50度前後(ゴム手袋を使用します)

加熱処理で菌は死滅します・かゆみが止まれば、お手持ちの塗り薬をつけておきましょう

これで治ります・OKです。

使用した・てるてる坊主はラップで包んでいたので汚れていません 又使えます

☀慢性湿疹とかで加熱した後に死滅菌で水膨れや膿うみになった時の処理法

  • お手持ちの縫い針を利用します、先端をライターとかの火で焼いて加熱消毒します。
  • 針先で水ぶくれの箇所を軽く突くと水ぶくれが破裂します、ティシュで強く押し潰します。
  • 全部押し出した後は軟膏などをつけて完了です、2‐3日で治ります。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%81%8B%E3%82%86%E3%81%84.jpg

♪ グッドライクな治療法です。